Article

ヘアケア・疎水ということ



こんにちは!だいぶヘアケアの話が板についてきました☆尾松悠佑です。

今日は、まとめです!しっかりついてきてくださいね☆

おさらいです!

パーマやカラーリングをするということは髪がアルカリ性になり、キューティクルが立ち上がるという事です。しかしそのままだと、、、髪の中身が漏れやすくなり、立ち上がったキューティクル達はお互いに摩擦しあい、引っかかったり剥がれたりとと不安定な状態です。

とここまでが前回のお話でした☆

今回は解決方法のお話をしますー!

オシャレをするにあたり、、、パーマやカラーは必須です。しかし、アルカリに寄せてキューティクル操作をしないとカラーしたりパーマしたりできません。

そこで必要になってくるのが美容室でするシステムトリートメントです。

RICCAで言うと、aloトリートメント、micoトリートメントですね!

システムトリートメントは、立ち上がったキューティクルを綺麗に整え、スカスカになった細胞をぷるぷるにする働きがあります。

アルカリ性の髪を水分量を14%に戻し、限りなくバージン毛に近い弱酸性の状態に戻すということ!

水分量が戻り弱酸性になると髪は本来の働きをしはじめます。

空気が多湿な場合や乾燥している場合でも、適度な水分量に自動調節する働きを持ちます。

このような状態を『疎水』と言います。

『疎水』は髪にとって余分なものを弾きます。

健康的な髪はみな疎水性です。

髪の水分量を14%にしておかないとこの『疎水』という状態をつくれません。

この事をよく理解していないと髪を傷めてしまう事になります。

ファッションを楽しむということはシステムトリートメントが必要不可欠なんです!

美容室へ行きカラーやパーマをした後は必ずトリートメントをすることをオススメします。

髪の水分量を14%に保ちましょう!!

これからの季節は、紫外線にも気を付けてくださいね。知らず知らずにダメージしてる時もありますよ。

油断は禁物です!

トリートメント隊長こと海も応援しております!

それでは!またヘアケアブログでお会いしましょう*\(^o^)/*

尾松悠佑


Recent Posts

Archive

Search By Tags

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square